Go To Eatキャンペーンのオンライン予約サイトまとめと、予約サイトの選び方について解説します。

Go To Eatキャンペーンのオンライン予約サイトは、現時点で13社の15サイト

Go To Eatキャンペーンのオンライン予約サイトは、現時点で13社の15サイトになります。
今回は、そのサイトをまとめてみました。

予約サイトを選ぶポイントは?

まずは、Go To Eatキャンペーンの概要です。
【期間】10月1日~2021年1月31日
ディナー予約】1000P付与/1人
【ランチ予約】500P付与/1人
※1回の予約で10人分まで

予約サイトを選ぶポイントについて説明します。
1番目各社で独自のキャンペーンを随時行っているので、そこをチェックする事。
2番目にポイント付与のタイミングです。自分が行く頻度より短い方が便利ですよね。
3番目は、付与されたポイントの有効期限です。せっかく付与されたポイントが切れてしまったら勿体ないです。
あと期間限定とはいえ、Tポイントや、楽天ポイントなど、他でも融通の効くポイントを付与する所もあります。
自分が普段使うポイントが付与されるのは便利です。

以上の点を抑えて、下記にまとめた予約サイトをチェックしてみては如何でしょうか?

ぐるなび(株式会社ぐるなび)

ぐるなび(株式会社ぐるなび)

※ぐるなびは、期間限定ぐるなびポイントの他に、最大12,000ポイントの楽天ポイントがプレゼントされるキャンペーンをやっています。
https://r.gnavi.co.jp/plan/campaign/gotoeat/

食べログ(株式会社カカクコム)

食べログ(株式会社カカクコム)

※食べログは、期間限定ではなく、食べログのネット予約でのみ利用可能な期間固定Tポイントが付与されます。
https://tabelog.com/go-to-eat/

Yahoo!ロコ 飲食予約(ヤフー株式会社)

Yahoo!ロコ 飲食予約(ヤフー株式会社)

※対象となる飲食店でコース予約して来店すると、予約金額の20%のPayPayボーナスライトを付与されます。席のみで予約した場合は、1予約につき1,000円相当のPayPayボーナスライトが付与されます。付与されたPayPayボーナスライトは、PayPay公式ストアでも利用可能なのが良いですね。

一休.comレストラン(株式会社一休)

一休.comレストラン(株式会社一休)

※獲得したGo To Eat ポイントをその場で利用可能です。合計金額から実質割引も可能です。
また、一休ポイント還元キャンペーンとして、ユーザー全員を対象に一休ポイントが10%へアップされます。宿泊予約サービス「一休.com」など一休のサービス内で共通して利用可能なのは、かなりおトクで便利です。

EPARK グルメ(株式会社 EPARKグルメ)

EPARK グルメ(株式会社 EPARKグルメ)

※付与されたGo To Eat ポイントは、EPARKテイクアウトでも利用可能です。

EPARK(株式会社 EPARKグルメ)

EPARK(株式会社 EPARKグルメ)

※付与されたGo To Eat ポイントは、EPARKテイクアウトでも利用可能です。

HOT PEPPER グルメ(株式会社リクルート)

HOT PEPPER グルメ(株式会社リクルート)

※ホットペッパーグルメ限定ポイントが付与されますが、Pontaポイントに変換出来ないのは地味に不便です。

favy(FTP フードテックパートナー)

(FTP フードテックパートナー)

トレタ(FTP フードテックパートナー)

トレタ(FTP フードテックパートナー)

オズモール(スターツ出版株式会社)

オズモール(スターツ出版株式会社)

※OZ会員の場合、Go To Eatポイント以外にオズモールで利用できるOZポイントも付与されます。

Retty株式会社

Retty株式会社

※Rettyのネット予約やしたい店について呟くと、最大5,000円のamazonギフト券が当たるTwitterキャンペーンをしています。

LUXA(auコマース&ライフ株式会社)

LUXA(auコマース&ライフ株式会社)

ヒトサラ(株式会社USEN Media)

ヒトサラ(株式会社USEN Media)

Chefle(株式会社Fesbase)

Chefle(株式会社Fesbase)

大阪グルメ(表示灯株式会社)

大阪グルメ(表示灯株式会社)