農林水産省が【令和2年度農林水産関係補正予算】Go To Eatキャンペーンの説明をYouTubeで公開。その内容について解説!

2020年5月26日

令和2年度農林水産関係補正予算で打ち出したGo To Eatキャンペーンとは?

【令和2年度農林水産関係補正予算】Go To Eatキャンペーンとは、農林水産省が、新型コロナウィルス(COVID-19)で落ち込んでいる飲食店などの外食産業の需要喚起の為に打ち出したキャンペーンです。

過去記事でもGo To Eatキャンペーンに触れています。
飲食店オーナーが、COVID-19収束後の政府主導飲⾷需要喚起「Go To Eat キャンペーン」でする必要なこと(idanboさんの食べログ日記より)

農林水産省が【令和2年度農林水産関係補正予算】Go To EatキャンペーンについてYouTubeで説明

今回、農林水産省が、飲食店オーナーに向けて農林水産省が令和2年度農林水産関係補正予算 Go To EatキャンペーンについてYouTubeで説明をしています。
令和2年度農林水産関係補正予算の概要については、農林水産省のホームページにも掲載されています。

オンラインサイト予約でのポイント付与

YouTubeより

動画の中で、オンライン予約でのポイント付与について説明しています。
オンライン予約サイト経由で利用したお客に対して、その店で使えるポイントを付与するという内容です。
付与する額は、1人あたり最大1000円分で検討しているそうです。

プレミアム付食事券の発行

YouTubeより

予約業態ではない飲食店や多用な業態の飲食店に対応して、プレミアム付食事券の発行を検討しているそうです。具体的には2割程度おトクなプレミアム付食事券の発行を検討しているそうです。

詳細はこれから

動画の終盤で触れていますが、今後2つの事業を担う業者を公募していくそうで、まだその公募準備段階のようです。
型コロナウィルス(COVID-19)がいつ収束するかまだ判りませんが、いつでも開始出来るように早く実現に向けて動いて欲しいですね。